カテゴリ:全国




2022/04/16
 HPVワクチン東京訴訟支援ネットワークのみなさんが、リーフレット「HPVワクチンのほんとうのこと」を作成して普及を進めています。  HPVワクチンの接種を勧められた方に是非ご覧いただきたいと思います。

2022/01/25
 HPVワクチン薬害訴訟全国原告団・弁護団は、被害者に対する本当の寄り添った支援を実現するために、2022年1月24日付で、各政党代表者にあてて、HPVワクチンの副反応に苦しむ被害者のヒアリングの実施を求める要請書を送付しました。  適切な支援策を実現するためにも、被害者の実情に耳を傾けていただけることを、心よりお願いいたします。

2022/01/12
 HPVワクチン薬害訴訟全国原告団・弁護団は、HPVワクチンの積極的勧奨が再開されることで深刻な副反応に苦しむ被害者が増えることを憂慮し、全市区町村(1741自治体)に向けた8項目の要請書を作成しました。これから順次発送作業に入りますが、その内容は以下のとおりです。  各自治体がこの要請の趣旨を十分に踏まえた対応をとることを期待します。

2021/10/30
 2021年10月30日(土)、東京・五反田にて、「HPVワクチン東京訴訟支援ネットワークの第5回総会・公開シンポジウム~被害者を置き去りにした接種勧奨の再開は許さない~」が開かれました。参加人数を限定したリアル集会とZOOMウェビナーとのハイブリット開催となりましたが全国から合計107名の方々にご参加頂きました。

2021/10/12
 厚労省の副反応検討部会は2021年10月1日、副反応被害者に対する「寄り添った支援」が行われているとして、HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の積極的勧奨再開の妨げとなる要素はないとするとりまとめを行いました。...

2021/10/06
 緊急院内集会のご案内です。  どうか被害者の声に耳を傾けて下さい。  多くの方にご参加いただけることを期待しています。 PDFdownload

2021/10/04
 2021年10月4日、HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団は、本年10月1日に開催された厚労省副反応検討部会において、HPVワクチンの積極的勧奨の再開について「妨げとなる要素はない」とする不当なとりまとめを行ったことに対し、同部会における審議の不当性に関する意見書を作成・公表しました。...

2021/10/03
 2021年10月1日に開催された厚生労働省の副反応検討部会において、「寄り添った支援を継続している」「再開に差し支え無し」とされたことに対し、全国原告団・弁護団は同じ日の午後6時から厚生労働省の記者クラブで、抗議の会見を行いました。  オンラインで会見に参加した原告とその家族の憤りの声を、それぞれ2分程度の動画にまとめました。...

さらに表示する