2019/07/14
第2回HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワーク勉強会 HPVワクチン被害を知ろう

2019/07/07
■日時:2019年7月17日(水)14時~15時30分 ■場所:福岡地方裁判所101号法廷  福岡市中央区六本松4丁目2番4号  (市営地下鉄六本松駅から徒歩約3分) ※裁判所が移転しました。ご注意下さい。 ■サポーター・傍聴希望者集合 ○時刻:13時00分(裁判所門前集会開始時刻) ○場所:福岡地方裁判所正門前 傍聴案内ダウンロードはこちら。...

2019/07/07
 HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団のサイトにはわかりやすいQ&Aを掲載しています。  HPVワクチンが安全だとする見解の誤りについても詳しく説明してあります。詳細は以下の項目を是非ご覧下さい。

2019/07/05
 2019年7月4日、名古屋地方裁判所でHPVワクチン薬害名古屋訴訟第11回口頭弁論期日が開かれました。

2019/06/27
弁護団では、Q&Aの内容を改訂しました。 HPVワクチン薬害がどのような問題なのか、是非多くの方に知っていただければと願っています。 是非、以下のリンクからお読み下さい。 HPVワクチン薬害Q&A

2019/06/21
 2016年7月、HPVワクチン(「子宮頸がんワクチン」)の副反応被害者は、国と製薬企業2社(グラクソスミスクライン社・MSD社)を被告とする損害賠償請求訴訟を、東京・名古屋・大阪・福岡の各地方裁判所に、一斉に提訴しました。 ...
2019/06/14
 2018年5月に発表されたフィンランドの研究は、HPVワクチンを推進する立場の人々によって、HPVワクチンによる子宮頸がん(浸潤がん)減少効果を示す根拠として紹介されることがあります。  しかし、この発表はあくまで速報にすぎないため、この結果をもって、子宮頸がんの予防効果が示されたと判断することはまだできないと考えるべきです。...
2019/06/14
 2018年5月、コクランはHPVワクチンの有効性と危険性に関し、26の比較臨床試験を対象としたシステマティックレビューの結果を公表しました。...
2019/06/14
 名古屋市が2015年に実施した「名古屋市子宮頸がん予防接種調査」の解析結果であるとして、2018年に名古屋市立大学鈴木貞夫教授による論文が発表されました。論文では「ワクチンと報告されている症状あるいは副反応との間に因果関係はないことが示唆された」と結論付けられています。...
2019/06/14
 2017年12月9日、日本産婦人科学会は国に対して一刻も早くHPVワクチン接種の積極的勧奨を再開することを強く求める内容の声明を出しました。...

さらに表示する