ブログカテゴリ:全国



2019/11/25
 2019年11月25日、HPVワクチン薬害東京訴訟の第12回口頭弁論が開催されました。当日の午前11時より、HPVワクチン薬害全国原告団・全国弁護団は、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会・全国薬害被害者団体連絡協議会との連名で、日本医師会に要請書を提出しました。...

2019/11/25
・ダウンロード版(別紙4除く) ・別紙4

2019/10/25
 2019年10月25日、HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団は、岡山県に対し、子宮頸がんの予防に関するリーフレット「娘さんを持つ保護者の方へ」に関する申入書を提出し、岡山県が独自配布するリーフレットの内容が不適切であることを指摘し、その使用中止等を求めました。  提出した申入書の全文は以下のとおりです(PDF版はこちらからダウンロードできます)。

2019/10/21
 2019年10月20日、名古屋市中区の鯱城ホールにおいて、第21回薬害根絶フォーラムが開催されました。  薬害根絶フォーラムは、全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)が、薬害の根絶に向けて毎年開催している集会です。名古屋では今回が初開催となりました。...

2019/08/31
 2019年8月30日(金)、厚生労働省にて、予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と医薬品等安全対策部会安全対策調査会の合同会議が開かれました。HPVワクチンとの関連では、主に厚労省作成リーフレットによる情報提供に関する調査結果が報告され、リーフレットの改訂と周知に関する議論がなされました。...

2019/08/23
 2019年8月23日、HPVワクチン薬害訴訟全国原告団は、全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)の一員として、薬害根絶デーに参加しました。

2019/08/22
 薬害エイズ問題への反省を込めて1999年に厚生労働省の前庭に建立された、薬害根絶『誓いの碑』。  この碑の建立を契機として始まった薬害根絶デーは、今年で20回目を迎えました。HPVワクチン薬害訴訟全国原告団も、全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)の構成団体として、今年の薬害根絶デーの各行事に参加しています。

2019/07/19
 本日、HPVワクチンの接種で被害を受けた女性12名が、国とグラクソ・スミスクライン社、MSD社を被告として、東京地方裁判所と大阪地方裁判所で提訴しました。  2016年7月27日に全国4地裁に一斉提訴しましたが、本日の提訴が東京訴訟・大阪訴訟ともに第3次提訴であり、全国の原告数は132名となりました。...

2019/07/19
 子宮頸がんを予防するとのふれこみでHPVワクチンを接種したことによって重篤な副反応被害に苦しむことになった女性たちは、2016年7月27日に東京・名古屋・大阪・福岡で一斉に提訴しました。  それから3年の間、彼女たちは体調不良に苦しみながらも裁判所に足を運び、被害の実態を裁判官に伝えてきました。

さらに表示する