ブログカテゴリ:文集



2019/07/19
 子宮頸がんを予防するとのふれこみでHPVワクチンを接種したことによって重篤な副反応被害に苦しむことになった女性たちは、2016年7月27日に東京・名古屋・大阪・福岡で一斉に提訴しました。  それから3年の間、彼女たちは体調不良に苦しみながらも裁判所に足を運び、被害の実態を裁判官に伝えてきました。