九州訴訟


ご案内

●九州訴訟メールマガジン登録のご案内

メールマガジン登録申し込みはこちらからどうぞ。

●HPVワクチン薬害訴訟を支える会九州のFacebookページのご案内

HPVワクチン薬害訴訟を支える会九州はFacebookページから情報を発信しています。是非ご覧下さい。

下記URLからもご覧いただけます。


新着記事

九州訴訟の裁判期日(7/11)・報告集会が行われました

 2022年7月11日(月)、九州訴訟の期日が開かれました。

 

 前回に引き続き今回も非公開のウェブ会議期日で、弁護団のみ出席。弁護団からは準備書面48から51まで4通の準備書面及び名古屋市調査の問題点を分析した新たな論文を含む書証を提出しました。

【裁判】

今回は、担当裁判官が今年の4月に交代となったということもあり、原告、被告らそれぞれから訴訟における主張の概要をプレゼンしました。

 弁護団からは、代表して富永悠太弁護士がプレゼンを実施。短時間ではありましたが、裁判官に対して、HPVワクチンの危険性を裏付ける国内外の報告や研究結果があることなど原告の主張の概要を分かりやすく示すことができたのではないかと思います。

 

その他、来年からはじまる尋問期日の進め方など裁判官からの意見が出されるなど、訴訟の進行についての協議なども行いました。

【オンライン報告会】

 午後6時から開催したオンラインでの報告集会には、全国各地から約30名の方にご参加いただきました。

 報告集会では、富永弁護士が期日で行ったプレゼンについて、パワーポイントを示しながら説明。

 

 

 続いて、九州原告団代表の梅本邦子さんが、原告団としての活動として、長崎市への支援要請行動、長崎国際大学薬学部1年生約100名に対する講義、5月と7月の2回HPVワクチン被害者のドキュメンタリー映画の上映会を行ったことなどについて報告。ドキュメンタリー映画の上映会には北九州市議会の議員の方にも複数名ご参加いただき、議会での一般質問にもつながったようだとのことでした。

 また、当事者である梅本美有さんからもHPVワクチン被害を語るお話会を開催していることや、HPVワクチンの接種を迷っている人に「HPVワクチンのほんとうのこと」リーフレットを届けるなどしたとの報告がありました。

 

その他、全国支援の会の隈本邦彦さんからは、7月3日に大分で開かれたHPVワクチン薬害訴訟を支援する会大分主催の「マスコミ報道の現状と伝えることの大切さを考える」と題したシンポジウムでパネリストとしてお話しされたお話の一部についてご紹介いただきました。HPVワクチン推進方向に偏った報道がなされ、副反応被害の実態が報道されにくくなっている現状について分かりやすくお話しいただき、合わせてマスコミへの期待についてもコメントいただきました。同じくパネリストとして登壇された高波淳さんからは、ハンセン病違憲国賠訴訟を取材されてきた経験からマスコミが過去の過ちに気付けなかった反省点を踏まえ現在もHPVワクチン副反応被害者の取材を行っていることなどマスコミの役割についてお話しいただきました。

 

九州弁護団代表の小林弁護士が今後の訴訟の進行を説明、全国弁護団代表の水口弁護士、山西弁護士から挨拶がありました。

 

 

【次回のご案内】

 次回九州期日は、2022年10月17日(月)14時と指定されています。

 公開の法廷での実施かどうかは未定ですが、弁護団は公開でできるように準備しています。

 

暑い日が続きますが、弁護団も暑さに負けず、原告団、支援の会の方とともにHPVワクチン薬害被害者の真の救済と再発防止に向けて一歩一歩頑張っていきたいと思います。

九州訴訟2022年7月11日(月)裁判期日のご案内

いつもHPVワクチン薬害訴訟をご支援いただきまして、ありがとうございます。

 

2022年7月11日(月)九州訴訟の裁判期日が予定されています。

 

今回も新型コロナの影響により、公開法廷での口頭弁論期日ではなく、弁護士のみの手続きとなりました。

 

そこで、これまでと同様以下の日程でオンライン報告集会を開催いたします。

ご自宅や職場からZOOMでの参加が可能です。ぜひご参加ください。

 

・開催日時 2022年7月11日(月)18時~

・オンライン(ZOOM)※事前申込制ですので、以下のリンクから事前に登録をお願いいたします。

 

このミーティングに事前登録する:

 https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZAuceirrzgtG9YNzAWznbTYVfxkknNX53dR

九州訴訟の裁判期日・報告集会が行われました

2022年4月18日(月)、九州訴訟の期日が開催されました。

 

 今回も新型コロナウイルスの影響により、期日は公開法廷での実施ではなく、ウェブによる弁護士のみの手続となりました。

裁判長が交代となりましたが、引き続き、裁判の進行スケジュールについて意見交換がなされました。

 

 期日後に開催したオンラインでの報告集会には、全国各地から初参加の方を含む約40名の方にご参加いただきました。

 報告集会では、原告が準備書面46で主張した被告MSDの疫学研究に対する反論内容について、弁護団の島翔吾弁護士より、報告しました。本件各ワクチンは承認時に有効性を備えていなければならないので、仮に近時の疫学研究から本件各ワクチンの有効性が明らかになったとしても、承認時にさかのぼって本件各ワクチンの有効性があったということにはならないという前提となる話や、被告MSDが有効性に関する疫学研究は、ガーダシルの有効性が認められる根拠とならない理由について説明しました。

 

沖縄在住の24歳の原告さんから鋭い刃物で刺されるような頭痛、息苦しさなどの症状があることや、HPVワクチン接種前の中学1年生の時の夢を実現することができず、症状のために働くことも学ぶこともできず移動も1人ではできない辛さなどについてお話いただきました。用意された原稿を手に、隣でお母様がサポートされて、途中過呼吸を生じ言葉につまる状況になりながら最後までお話いただきました。

その他の九州の原告さんも、体調がすぐれない中、役に立ちたいという思いから、国に対して間違った政策をとったことをしっかり認め、これから責任をとって被害者とともに寄り添ってやっていくという姿勢を見せてほしいと発言されるなどしました。

原告の梅本さんからは、福岡市、北九州市に対してHPVワクチン積極勧奨について現在も副反応被害者が十分に把握されていない状況で被害者が増える可能性があるのできちんと把握してほしいと要望されたことなどを報告いただきました。

 

これらの原告の方の思いに応えるように、支援の会の猿渡さんからは、これまで原告が長期間副反応被害に苦しんでいる状況に触れられ、今原告に寄り添う形でやれることは何でもやりたいという思いでいるとして、全国支援ネットワークの立ち上げの状況や現在の支援の状況についてご報告いただきました。また沖縄の支援の会の渡辺さんより3月に開催された横田医師による子宮頸がんワクチン副反応勉強会の様子についてご報告いただき、沖縄で支援の輪が広がっている状況や沖縄タイムズで大きく取り上げられたことなど弁護団としてもとても嬉しく思いました。

その他、全国弁護団代表の水口弁護士より現在衆議院で審議されている薬機法改正に関して共産党の宮本議員がHPVワクチン副反応に関連する質問をされたことの報告や、同代表の山西弁護士から弁護団内部で検討をすすめている事項についての報告があり、「裁判で絶対勝ちます」と力強いメッセージをいただきました。

 次回九州期日は、2022年7月11日(月)14時と指定されています。次回は、久しぶりに公開法廷で期日が開かれることを期待しています。報告集会ではここでしか聞けない、ブログに書けない話も盛りだくさんとなっていますので、ぜひご参加ください!!

九州訴訟2022年4月18日(月)裁判期日のご案内

いつもHPVワクチン薬害訴訟をご支援いただきまして、ありがとうございます。

 

2022年4月18日(月)九州訴訟の裁判期日が予定されています。

 

今回も新型コロナの影響により、公開法廷での口頭弁論期日ではなく、弁護士のみの手続きとなりました。

 

そこで、これまでと同様以下の日程でオンライン報告集会を開催いたします。

ご自宅や職場からZOOMでの参加が可能です。ぜひご参加ください。

 

・開催日時 2022年4月18日(月)18時~

・オンライン(ZOOM)※事前申込制ですので、以下のリンクから事前に登録をお願いいたします。

 

このミーティングに事前登録する:

https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZwsduGurzspGtBiIhfgOGp6DbNRie5mI2t1

1月22日 大分支援の会学習会「訴訟の経緯と今を学ぶ」

1月22日(土)14時より学習会が開催されます。

会場またはオンラインでの参加が可能です。

ぜひご参加ください!

 

詳しくはこちら↓

https://drive.google.com/file/d/1-tKwYaJUbZeaX8pft8ghOFLloRE0VUcF/view?usp=sharing

 

オンラインの参加申込は ⇒ https://forms.gle/j7aBHVarEhnJWqJ26


過去の記事はこちらから確認できます。