九州訴訟


ご案内

●九州訴訟メールマガジン登録のご案内

メールマガジン登録申し込みはこちらからどうぞ。

●HPVワクチン薬害訴訟を支える会九州のFacebookページのご案内

HPVワクチン薬害訴訟を支える会九州はFacebookページから情報を発信しています。是非ご覧下さい。

下記URLからもご覧いただけます。


新着記事

提訴から5年を経た私たちの今-九州原告10番

2020年1月20日九州期日前集会より
2020年1月20日九州期日前集会より

 リレー形式で提訴から5年を経た被害者の今の声をお伝えしています。

 先週の大阪原告10番さんに続く4人目は、九州原告10番さんです。

 

【九州原告10番】


 12歳の時、サーバリックスを3回接種しました。現在21歳です。

 症状の影響により仕事も通学もままならず、自宅で過ごしています。
 
 今出現している症状は全身の筋緊張、その症状による歩行困難と痛みです。

 常に電流が全身を駆け巡るようなしびれと痛みを伴いながら、全身の筋肉が固くなり常に力が入るような状態になりました。関節も曲がったまま伸ばせなくなり、右足は感覚が全くない状態です。

 

 さらに、普段のその筋緊張が急激に激痛を伴いながら強くなり、呼吸ができなくなるような発作が 出るようになりました。この発作はひどいときは、全身が弓なりになった状 態で力が抜けず、酸素マスクが必要な状態になります。3 時間から長いときは 5 時間以上続くためまた目の症状がひどく、眼振や視野狭窄により右側がほとんど見えません。

 

 あとは、生理の症状が重く、毎月耐え難い痛みが襲ってきて寝込んでしまいます。
 
 発症してから9年が経過しました。しかし、今でも家族の助けなしでは日々の生活すらままなりません。

 医師を目指し、大学へ通学することを夢みて勉強していましたが、症状悪化により日常最低限の活動すらままならないため、断念せざるを得ませんでした。中高一貫の高校卒業を含め、ほかにも様々な事を諦めざるを得ませんでした。

 

 今もずっとあらゆる症状と戦いながら、家族の助けの元生きています。しかし、日々を生きるので精一杯です。私は自分の体を守れるならと、このワクチンを接種しました。しかし現実は夢も諦めて、ただただ苦しさに耐え続ける日々でした。

 

 同世代はもうすぐ大学を卒業して、就職です。ただがんになりたくなかっただけなのに、この現実がたまらなく苦しいです。

 

 あれから今もずっと苦しんでいる患者がいることを忘れないでください。


 これからもHPVワクチン薬害訴訟全国弁護団は、こうした被害者の声を、Twitter(@Hpvlawyer)やYoutubeでも継続的に発信していきます。どうかご支援下さい。

九州訴訟期日のオンライン報告集会を開催しました

 2021年7月14日(水)、九州訴訟の期日が開催されました。

 前回に引き続き、今回も新型コロナウイルスの影響により、公開法廷ではなく、WEBによる弁護士のみの手続となりました。

 当日の午後6時から開催したオンラインでの報告集会には、全国各地から約50名のみなさまにご参加いただき、原告さんの生の声、支援者の方々のメッセージをいただきました。

 

・裁判の内容報告

 報告集会では、まず九州弁護団の小林洋二弁護士から、被告製薬企業の主張に反論する書面を今回の期日で3通提出したことと、関連するこれまでの議論状況について報告を行いました。

 

 

・運動関係の報告

 九州弁護団の前田牧弁護士から、HPVワクチンの積極勧奨中止から8年での記者会見を行ったことや、現在も積極勧奨が中止されていることが一部自治体のホームページに明記されていない問題について自治体への申入れを行ったこと等の報告を行いました。

 

 

 

 申入れ前は、福岡市のホームページのトピックページには、積極勧奨が現在も中止されていることの説明がありませんでしたが、改善を求めた結果、ホームページの記載が修正され、国が積極勧奨を中止している旨が明記されました。

 

 詳しくは、こちらの記事もご覧ください。

 

・原告の声

 学生のゼミ・講義に参加した九州原告さんから感想が述べられました。同世代の学生に対して、副反応の影響で学校をやめざるをえなくなったこと等の話をしたところ、学生から、SNSなどの影響もあり、これまで副反応は嘘だと思っていたこと、被害者の話を直接聞いて副反応被害への認識が変わったことなどの感想をもらい、改めてSNSなどの影響の大きさと、被害を訴えることの大切さを実感したとのお話をいただきました。

 

【お知らせ】

HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団は、ツイッターのアカウントを開設しています。

タイムリーに情報を発信していますので、ぜひ、フォローしてください!

HPVワクチン薬害訴訟 全国弁護団 (@HpvvLawyer) / Twitter

 

 次回の九州訴訟の期日は2021年10月18日(月)です。報告集会を開催しますので、ぜひご参加ください。

 今後、全国の弁護団・原告団や支援ネットワークにおいて以下のような活動が予定されておりますので、今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

 

2021年 8月24日(火) 薬害根絶デーオンライン集会

2021年 8月25日(水) 名古屋訴訟期日

2021年 8月30日(月) 東京訴訟期日

2021年 9月 9日(木) 大阪訴訟期日

2021年10月18日(月) 九州訴訟期日

別府市に対して積極的勧奨中止の明記を申入れをしました

HPVワクチン薬害訴訟を支える会大分では、2021年6月〜7月にかけて、大分県内の自治体のホームページを閲覧し、HPVワクチンの国よる積極的勧奨が中止されていることが記載されているかどうかを調査しました。

 

そうしたところ、積極的勧奨が中止になっていることの記載がない自治体や、副反応についての記載がない自治体があることが判明し、自治体によって住民に対する情報提供に差があることがわかりました。

 

そこで、支える会大分では、原告団、弁護団とともに各自治体に対して、国よる積極勧奨中止を周知することを求める要望書を提出。

 

別府市への要請には弁護団の徳田弁護士も参加いたし、この訪問要請は大分合同新聞で報じられています。

 

これにより、竹田市では国による積極的勧奨が中止されており、竹田市としても積極的な勧奨は差し控えているとの記載に改訂されました。

 

多くの自治体に、HPVワクチンの被害や危険性について理解が広まるよう、弁護団も支える会とともに今後も活動を続けていきます。

 

 

九州訴訟2021年7月14日(水)裁判期日のご案内

いつもHPVワクチン薬害訴訟をご支援いただきまして、ありがとうございます。

 

2021714日(水)、九州訴訟の裁判期日が予定されています。

 

今回も新型コロナウイルスの影響により、公開法廷での口頭弁論期日ではなく弁護士のみの手続きとなりました。

 

そこで、前回期日と同様、以下の日程でオンライン報告集会を開催いたします。

ご自宅や職場からZoomでのご参加が可能です。ぜひご参加ください。

 

・開催日時:2021714日(水)18時~19

・オンライン(Zoom) ※事前申込制

 参加ご希望の方は、はかた法律事務所(092-409-8333)までご連絡ください。

「ひとりじゃない。みんなで一緒に。」

九州訴訟期日のオンライン報告集会を開催しました。

 

2021年4月19日(月)18時から、九州訴訟の期日報告会が開催されました。

オンラインにて50名以上の方にご参加いただきました。また、今回は福岡と鹿児島でリアル会場を設け、全国各地から、原告さんの生の声、支援者の方々の熱いメッセージをいただきました。

 

・裁判の内容報告

 

はじめに、九州弁護団の小出真実弁護士から、この日14時からオンラインで行われた九州訴訟期日の報告を行いました。

早期に子宮頸がんワクチンを導入したオーストラリアでは、子宮頸がん罹患率は減少しておらず、増加傾向にあることなどを説明しました。

同じく早期に導入したイギリスにおいても子宮頸がん罹患率は増加していません。

 

また、最近のイギリスの論文においては、HPVワクチンが子宮頸がんを予防するかは不確かであると報告されています。

そのほか、子宮頸がん罹患率・死亡率は増加傾向にはないことの説明を行いました。

 

・原告の声

「最近、心ないツイートの文字を目にする機会が多く落ち込むこともある。」「オンラインで全国の同じ原告の皆さん、支援してくださる方々、弁護団員がいる、ひとりじゃない。最後まで一緒に戦い抜きたい」との原告の声に、参加者が聞き入りました。

鹿児島会場で参加の原告からも、「今回初めて報告集会に参加したけど、一人じゃないんだと驚いています。」「これからもよろしくお願いします。」との言葉がありました。

 

被害者が声を上げなければ救済の道が開かれない、被害者がいないものとされてしまう恐れがあります。

原告は声を上げ続けなければならないことを再確認しました。

 

支援者の山崎さんからは、大分県でのHPVワクチン勉強会、支える会の設立を報告いただき、口頭弁論が再開されたら必ず足を運びたい、一緒に頑張りましょうと力強いお言葉をいただきました。

 

九州弁護団代表の小林洋二弁護士からは、ワクチンで健康を害した被害者を社会がどう受け止めるかが重要であり、我々は被害を訴えることの正当性に自信をもってともに戦っていきましょうとのメッセージ。

最後に東京弁護団代表の水口真寿美弁護士が、今、HPVワクチンの推進派が、積極的勧奨が行われたとき同じ戦略で接種勧奨を再開させようとしている動きがあり、今とても重要な局面であること、HPVワクチンの被害者がいること、被害者を救済しなければならないということを訴え続けることが重要であると語りました。

 

オンライン報告集会では、全国各地の原告さん、支援者の方々、弁護団員が顔を合わせて話をすることができます。

原告はひとりではありません。全国に同じ苦しみ・同じ希望を持った仲間がいます。そしてそれを支えてくださる支援者の方々も全国にいます。

オンライン報告集会は、「一人じゃない。みんなで一緒に」戦っていることを再確認することができる貴重な機会となっています。

 

【お知らせ】

HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団は、ツイッターのアカウントを開設しました。

タイムリーに情報を発信していますので、ぜひ、フォローしてください!

HPVワクチン薬害訴訟 全国弁護団さん (@HpvvLawyer) / Twitter

 

 

次回の九州訴訟の期日は、7月14日(水)です。コロナウイルスの関係で、次回も今回同様オンラインでの弁護士のみの期日となる予定ですが、報告集会を実施しますので、ぜひご参加ください!!


過去の記事はこちらから確認できます。