National Attorneys Association for the HPV Vaccines Lawsuits in Japan


「子宮頸がん予防ワクチン」被害の真の救済を求めて

2016/03/30 被害者による提訴方針会見
2016/03/30 被害者による提訴方針会見

 「子宮頸がん予防ワクチン」とのふれこみで接種されたHPVワクチン(グラクソ・スミスクライン社製のサーバリックスとMSD社製のガーダシル)によって、全身の疼痛、知覚障害、運動障害、記憶障害等の深刻な副作用被害が発生し、全国の多くの被害者が今なお苦しんでいます。


 被害者は、2013年3月に「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」を結成し、多くの方の支援を得て活動し、2015年3月には全面解決要求書を国と企業に提出しています。


 確かに、これまでに接種の一時停止、副作用被害救済制度の適用の拡大など一定の前進はありました。しかし、真の救済や再発防止にはほど遠い状況にあります。製薬企業2社は、いまだに被害を認めようとせず、接種の積極勧奨再開への働きかけさえ行っています。
 そこで、訴訟を提起せざるを得ないと決断しました。


 被害者の願いは、将来にわたって医療や生活全般にわたって安心して生きていけるようにすること、また、真相を明らかにして被害をくりかえさないようにすることです。
 訴訟により国と企業の法的責任を明確にし、それを基盤に真の救済と再発防止を実現していきたいと考えています。


新着記事

このほかの新着記事はこちらからご覧いただけます。

(過去の記事は、こちらから一覧できます)


主要資料

HPVワクチン薬害問題に関する主な資料はこちらからご覧下さい。

(過去の声明・意見書はこちらから一覧いただけます)


HPVワクチンリーフレット問題

国が2020年9月に改訂したHPVワクチンリーフレットの問題点のまとめは、こちらからご覧下さい。


原告からのメッセージ

Youtubeチャンネルで原告さん3名のインタビューを公開しました

続きを読む

わたしたちの症状を知ってほしい~子宮頸がん(HPV)ワクチン薬害訴訟の原告さん自身によるイラスト解説

続きを読む

文集「原告の声」~提訴から3年を経た今の思い

続きを読む

これからの裁判の予定

2021/01/18(月) 九州訴訟期日

2021/02/08(月) 名古屋訴訟期日

2021/02/15(月) 東京訴訟期日

2021/03/11(木) 大阪訴訟期日

※過去の開催状況はこちらの年表ご覧下さい。

※各地訴訟毎の情報はこちらをご覧下さい。


Q&A HPVワクチンが安全だという意見等について

 HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団のサイトにはわかりやすいQ&Aを掲載しています。

 HPVワクチンが安全だとする見解の誤りについても詳しく説明してあります。詳細は以下の項目を是非ご覧下さい。


Q&A

HPVワクチン薬害訴訟についてのQ&Aについては、こちらをご覧下さい。


活動のあゆみ(年表)

全国原告団・全国弁護団の活動の様子、これまでの裁判の様子などについてはこちらを御覧下さい。


各地訴訟のページ

各地訴訟の様子をお伝えしていきます。


弁護団へのご相談を希望される方へ

  • HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団では、4つの各地弁護団(東京弁護団・名古屋弁護団・大阪弁護団・九州弁護団)が、全国の子宮頸がんワクチンによる被害を受けた方からのご相談に対応しています。
  • 提訴に関するご相談やお問い合わせは、各地弁護団までお電話にてご連絡下さい。
  • 弁護団の組織についての詳しいご説明はこちらをご参照下さい。

東京弁護団
【担当地域】北海道・東北地方・関東地方・新潟県・長野県・山梨県
03-6268-9550

名古屋弁護団
【担当地域】愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・福井県・石川県・富山県
052-212-8006

大阪弁護団
【担当地域】関西地方( 三重県を除く)・中国地方( 山口県を除く)・四国地方
06-6316-8824

九州弁護団
【担当地域】九州地方・沖縄県・山口県
092-409-8333