名古屋訴訟

お知らせ


HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワークのFacebookページのご案内

HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワークのFacebookページができました。

下記のQRコードからもご覧いただけます。


新着記事

名古屋訴訟・第14回口頭弁論期日が開かれました

 2022年12月22日、年の瀬も差し迫った中、HPVワクチン薬害名古屋訴訟第14回口頭弁論期日が開かれました。今回は、コロナ禍のために口頭弁論期日が開かれなくなってから、実に3年ぶりの公開法廷での期日となりました。

【期日当日の入廷行動の様子】

 当日は、朝から天候が危ぶまれる中ではありましたが、入廷前に一瞬の晴れ間に恵まれ、期日前集会、入廷行動を行うことができました。

 久しぶりの公開法廷での期日でしたが、原告さんのご家族や支援者の方々のほかにも、大勢の傍聴者やメディアの方に傍聴席までご来場いただくことができました。

【期日前集会でコメントする谷口鈴加さん(名古屋原告団代表・名古屋原告1番母:左下)と

長南謙一さん(名古屋支援ネットワーク代表:右下)】

 法廷では、名古屋原告14番の女性が裁判官の前で意見陳述を行いました(意見陳述の全文はこちら)。

 医療の道を志して高校進学したものの、高校生活のほとんどが痛みやしびれ等の症状との闘いであったこと、やっとの思いで大学に進学してからも、長期休暇は治療のための入院生活となり、病院に教科書を持ち込むなどしてなんとか勉強をしていたこと、努力の結果、医療の現場で働くという希望はかなったものの、今度は長期休暇が取りにくいことで治療が続かなくなってしまったことなど、これまでの被害や生活状況についてお話しいただきました。

 また、原告14番さんからは、このようにやっとの思いで希望した職業に就いたものの、副反応症状のためにいつ仕事を失うかもしれないことへの怖さ、この裁判を通じて、1日も早く治療法が確立され、経済的不安なく治療を受けることができるようになってほしいという思いも、裁判官に伝えました。

 このように、勇気をもって原告14番さんが意見陳述をされた様子からは、傍聴席に詰めかけた多くの方々にも、HPVワクチンがもたらした被害の深刻さと被害者のおかれた厳しい社会状況が伝わったものと思います。

 期日を終えてからは、裁判所近くの桜華会館に移動し、報告集会を行いました。この間も、オンラインでは集会を行っておりましたが、会場を設置しての開催は3年ぶりとなりました。当日は、ハイブリッド方式でネット中継しながら、全国各地の方にもご参加いただき、会場参加者のみなさんと交流を深めることができました。

 報告集会では、久しぶりの法廷での期日を終えての感想を、原告の皆さんに一言ずつお話しいただいたほか、オンラインも含めご参加いただいた支援者の皆様にも心強い激励のメッセージをお寄せいただくことができました。

【原告・落合晴香さん(左)と谷口さんに期日を終えての感想をいただきました】

【HPVワクチン薬害訴訟を支える会・北海道の浅川身奈栄さんからオンラインで励ましのコメントをいただきました】

【挨拶をする各地弁護団メンバー:左から堀(名古屋)、水口(東京)、山西(大阪)、小林・富永(福岡)弁護士】

 報告集会終了後、弁護団と原告14番さんとで司法記者クラブでの記者会見に臨み、本日の法廷での状況や、意見陳述の内容を説明しました。ここでも、原告14番さんには、ご自身の言葉でこれまでの被害やこの裁判に期待するところをお話しいただき、記者の方々からもたくさんの質問が寄せられました。

【弁護団とともに記者会見に臨む原告14番さん】

 本当に久しぶりの法廷で、弁護団もこれまでのことを色々と思い出しながらの対応ではありましたが、なんとか無事に1日終えることができ、ほっとしています。 

 

 次回期日は、2023年2月20日(月)午後2時です。予定では、次回も公開法廷での期日となっております。来年からはいよいよ専門家証人の尋問も始まります。ぜひ、大勢の方に裁判や集会に足をお運びいただき、活動を盛り上げて参りたいと思います。

名古屋原告14番法廷意見陳述(全文)

意見陳述後の記者会見で感想を伝える名古屋原告14番さん(2022年12月22日名古屋地裁司法記者クラブ)
意見陳述後の記者会見で感想を伝える名古屋原告14番さん(2022年12月22日名古屋地裁司法記者クラブ)

 2022年12月22日のHPVワクチン薬害名古屋訴訟の口頭弁論で、名古屋原告14番の女性が法廷で行った意見陳述の全文です。


 意 見 陳 述 書

 

2022(令和4)年12月22日

 

名古屋地方裁判所民事第7部合議B係 御中

原告番号14番

 

1 私は、中学1年生から2年生にかけてサーバリックスの接種を3回受け、現在は25歳になりました。接種前は、吹奏楽部でチューバやスーザフォンを吹き、塾やピアノ、習字にも通う普通の中学生でした。何の不安もなく、保育か医療関係の仕事に就きたいと考えて勉強に取り組んでいました。

 

2 そんな頃、中学で配られたワクチンの案内を目にして、子宮の病気を予防できるならばと、家族で話し合って接種することにしました。

3回目の接種の少し後から、経験したことのない強い生理痛や、左腕の痛み、しびれを感じるようになりました。腕に力が入らなくなり、楽器を持てないこともありました。怪我をした覚えもなく、一時的な疲れや筋肉痛とも違う症状が続き、戸惑うばかりでした。

 

3 高校は介護や福祉の分野へ進むためのコースがあるところを選びました。

進学後も症状は改善せず、痛みやしびれの症状は、右上肢にも出るようになり、じっとしていても涙が出るくらいの激しい痛みが全身に広がりました。手足に力が入りにくくなり、歩くことにも支障が出ました。痛さのあまり、意味のある言葉を発することもできず、うなりながらただ耐えているしかないことさえありました。それまでになかった喘息の症状も現れました。

高校入学前からも、どうしてこんなに物を覚えられなくなってしまったのだろうとは感じていましたが、高校では、授業の予定や教室の場所など、当たり前のことさえ覚えられなくなりました。自分でも明らかに記憶力がおかしいと気付き、とても不安になりました。

ひどい眠気と倦怠感で起き上がることも難しい日が続き、調子の悪い日も、母に送ってもらったりして可能な限り登校しましたが、教室では座っていることも難しく、実習用のベッドに横になって授業を受けることもよくありました。

夢を抱いて進学したのに、私の高校生活は、症状に苦しんでいた思い出しかありません。

 

4 同級生が大学などへ進学する中、私は留年せずに3年間で卒業するだけで精一杯でした。1校だけ専門学校の面接になんとか出向いたのですが、体調が安定しないと入学は無理と言われて、泣きながら帰ってきました。高校卒業後は予備校に通う体力もなく、体調の良い時間を自宅でつなぎあわせながら、1人で勉強を続けました。もう無理かもと何度も思いましたが、翌年に何とか医療関係の大学に進学できました。

 

5 大学生活も症状との戦いでした。足に力が入らないため、つま先を引っかけて転んでしまいます。膝が突然抜けたようになって転ぶこともあります。転んでも手にも力が入らず受け身が取れません。とても危ないので、足首を固定する装具を両足につけるようになりました。家を出るときに確認したはずなのに、駅のホームや乗る方向が通学の途中でわからなくなることが何度もありました。腕の痛みやしびれがあまりにひどいときには、腕を切り落としてしまいたいとさえ思うことがありました。

 

6 中学生のころから、何とか治療ができないかと願っていろいろな病院を受診してきました。最初は左腕の神経障害が疑われました。不全片麻痺、頚腕症候群、ニューロパチー、ファブリー病、気管支喘息、線維筋痛症など、様々な病名で診察を受けましたが、診断は付きませんでした。大学病院の神経内科でこれまでの経過を確認してもらい、脳血流の画像検査などを総合すると、ワクチンに関連して免疫の異常が生じているのではと指摘され、免疫を抑える治療や薬の服用を開始しました。酸素飽和度が下がることがあるので、酸素療法も続けています。

免疫を抑える治療や薬は、いろいろな免疫の病気の治療のために以前から大学病院などで行われてきたものです。治療を受けると、脱力や痛みなどの症状はかなり軽くなり、異常な疲労感からも回復しやすくなると感じます。しかし効果は長続きせず、数ヶ月で悪化してきますので、定期的な治療が必要です。

地元にはこうした専門的治療に対応できる病院がなく、遠方の大学病院まで出向く必要があります。長距離の移動で家族にも負担をかけました。入院が必要な治療もありますので、大学の長い休みは毎回入院にあてました。そのため、春休みに行われるインターンシップなどの、就職活動のための大切な行事にも参加できませんでした。将来が見えない不安に駆られながら、病院に大量の教科書などを持ち込んで勉強しました。病室の消灯後も、灯りのある場所を探して勉強しました。みんなのように、いろんな場所へ足を運べない私にとって、採用試験に向けた勉強だけが唯一できる就職活動でした。

 

7 今、私は病院の臨床現場で働いています。努力が実ったといえるかもしれませんが、現実は大変です。脱力で転ばないよう、両足の装具は今も使い続けています。仕事中は酸素療法も制約されます。身体の痛みや頭痛などと闘いながら仕事をこなし、いつも帰宅すると倒れるように眠ってしまいます。異常な倦怠感に襲われ、食べ物を噛む動作でさえ疲れてしまって食事を続けられないこともあります。

社会人になってからは、入院して治療を受けることも難しくなりました。何とか都合を付けて入院しても、効果は長続きしません。

 

8 私は、この身体を治したいと願ってきました。でも国は、私たちのような症状を免疫とは関係ないと言って、免疫の病気としての根本的な治療法を開発しようとはしてくれません。

副反応であることを認めてもらうことすら、とても困難です。ワクチンの副反応ではないかと思うと言っただけで、心ない人からSNSで詐病だ、嘘つきだと、ののしられたこともあります。

今日、私がここで話すことには、とても勇気が必要でした。

自分におきたことを伝えるだけなのに、どうしてこんなにも恐れを感じなければならないのでしょうか。

毎日の症状だけでも心が折れそうになるのに、誰も助けてくれないという気持ちに襲われることが、どれだけつらいことなのか、想像できますか。

 

9 私の学生時代の記憶には欠けている部分がたくさんあります。いつまた記憶がなくなってしまうかと怯えながら生活をしています。記憶があるうちに、仕事ができるうちに少しでも仕事がしたいと、すがるような思いで1日1日働いています。ささやかな楽しみや遊びなども全て諦め、休める時間は全て休養にあてて、仕事のための体力を回復するようにしています。

ずっと夢だった医療の仕事だからこそ、ここまで頑張れていますが、その大事な仕事さえ、いつか失うかもしれないと思うと恐ろしくてなりません。

全ての努力を尽くしても、いつ症状が悪化して、今ギリギリで維持している生活が壊れてしまうか分からない、記憶がまた無くなってしまうかもしれない。その怖さを、分かっていただけるでしょうか。

私の願いは、治療法が見つかり、経済的な不安なく、そうした治療を受けられるようになることです。そして、同じように苦しむ人が出ないように、どうしてこのワクチンの問題が起きたのか、この裁判で明らかにしてもらうことです。

そのためにも、私に起こったことを裁判官に知っていただきたいと思い、意見を述べることにしました。

私の気持ちが伝わる事を、心から願います。

以上

名古屋訴訟傍聴のご案内 12月22日(木)14時

 2022年12月22日(木)午後2時より、名古屋地方裁判所1階2号法廷において、HPVワクチン薬害名古屋訴訟の口頭弁論が開催されます。当日は、原告本人1名から被害の経緯と現在の状況についての意見陳述を行う予定です。

 当日の詳細は上記の案内をご参照下さい。

 どなたでも傍聴いただけますので、是非ご来場下さい。

 

 ※法廷ではマスクの着用が必要です。


ダウンロード
傍聴案内:2022年12月22日HPVワクチン薬害名古屋訴訟口頭弁論
221222 nagoya-bocho.pdf
PDFファイル 448.0 KB

静岡県で学習会を開催しました

 

 2022年8月20日(土)午後2時から、静岡県浜松市のアクトシティ浜松・研修交流センターにおいて、HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワーク学習会「HPVワクチン薬害を知ってください-聞いてください、被害者の声を-静岡県」が開催されました。

 名古屋支援ネットワーク主催の学習会は、昨年7月31日に開催された三重県での学習会以来、1年ぶりの開催となります。

 また、同ネットワーク主催による静岡での学習会開催は今回が初めてのことになります。

 

 当日は、Zoomミーティングも併用しながらのハイブリッド形式での開催となり、静岡民医連の薬剤師の方々に会場に駆けつけていただいたほか、オンラインでの参加の方も含め、40名を超える皆様にご参加いただくことができました。

 

 開会の挨拶として、名古屋訴訟支援ネットワーク代表世話人の長南謙一さんから、HPVワクチン接種の積極的勧奨が再開となってしまったこと、HPVワクチンの副反応被害救済が十分に実現されていない実情をご報告いただきつつ、今日、ここで学んだことを家族や友人など、ひとりでも多くの人に伝えてほしいと呼びかけていただきました。

医薬品副作用被害救済制度におけるHPVワクチンの副作用給付状況について解説する名古屋支援ネット・長南代表

 

 名古屋弁護団の堀代表からは、HPVワクチン薬害問題のアウトラインを説明し、国の研究班によるアンケート調査でも副反応被害者が今なお深刻な生活上の困難を強いられていることが報告されているのに、国が作成したリーフレットには、こうした情報すら盛り込まれていないという現状を解説した上で、接種対象者とされている方には、原告団・弁護団が普及を進めているリーフレット「HPVワクチンのほんとうのこと」を是非読んでいただきたいと願っていることを伝えました。

 弁護団では、国によるHPVワクチンの積極的勧奨が再開されたことを受け、新規被害情報の収集を始めています。既に深刻な被害情報が寄せられており、過去と同様の被害のさらなる拡大が強く懸念されています。

 

 引き続いて、映像作家の澤則雄さんが制作したドキュメンタリー映像「私たちの声を聞いてください!子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)被害者は訴える」を上映しました。この映像を通じて被害者の置かれた現実の重たさを、参加者のみなさんに伝えることができたと思います。

 

ドキュメンタリー映像に見入る会場の様子

  各地の支援者の方々がHPVワクチンの危険性を社会に伝えるための様々な活動を展開して下さっていますので、当日の集会では、名古屋支援ネットワークでとりまとめた直近の活動状況もとりまとめて報告を行いました。その中では、焼津市が市のホームページ上から一旦削除していた2015年に市が実施したHPVワクチン接種後の状況調査の結果が再度掲載されるようになったことなども報告されました。

 

 最後に、HPVワクチン接種後の重い副反応に苦しみ続けている被害者やそのご家族から、今なお生活に支障を生じるような症状が続いていることを、順に報告しました。

 体調不良を押して自宅からオンラインで参加した名古屋訴訟原告の落合晴香さんは、鎮痛剤を飲んでも全くコントロールできないような耐えがたい痛みに襲われ続けていることの報告がありました。壮絶な生活を強いられている当事者の生の声に皆で耳を傾けることで、問題点を深く共有することに繋がったと感じました。

 

副反応被害を知って欲しいと呼びかける名古屋訴訟原告の母(谷口鈴加さん)(右)と原告本人である落合晴香さん(左)

 

 会場やオンラインで参加いただいた静岡民医連の薬剤師の方々からも、薬剤を扱う専門家として、正しい情報を見極めた議論を進めていきたい、現に存在する被害実態に目を向けた活動を続けていきたいと、大変心強いメッセージをいただきました。

薬の専門家として力強いコメントをいただいた静岡民医連の皆様(右から竹端様、林様、中村様)

 

 当日は、こちらの企画と並行して「薬害根絶デーin札幌」が開催されていましたので、オンラインで参加して浜松勉強会の成果を多くの人に伝えることができました。

 ご参加いただいた皆様には、改めて感謝の念を申し上げます。

 どうか引き続きご支援下さい。

 

2月19日にHPVワクチン訴訟名古屋支援ネット総会記念講演会をオンラインで開催します

 HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワークは、2月19日(土)14時30分より、オンラインで総会記念講演会を開催します。

 日本社会薬学会東海支部の後援を得て行われる今回の講演会では、同ネットワーク代表世話人で昭和薬科大学臨床薬学教育センターの長南謙一教授が基調講演を行います。

 HPVワクチン接種後の重篤な副反応被害に今も苦しんでいる原告さんの声に皆で耳を傾け、HPVワクチン接種の積極的勧奨の再開による新たな被害の拡大を防ぎ、副反応被害に今も苦しむ多くの被害女性への本当の支援のあり方について考える機会としたいと考えています。

 是非全国各地から多くの方にご参加いただけることを、こころからお待ちしています。

 参加を希望される方はこちらのフォームから事前登録をお願いします。参加費は無料です。

 


HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワーク総会記念講演会

HPVワクチン、これでも打ちますか?打たせますか?

開催日時  2022年2月19日(土)14:30~17:00

主  催  HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワーク

後  援  日本社会薬学会東海支部

講  師  長南謙一(昭和薬科大臨床薬学教育センター医薬品情報教授・HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワーク代表世話人)

参加方法  Zoomにて配信

参加無料  要事前申込み

申込みフォームはこちら

問い合わせ先:高岡・石塚法律事務所 電話052-212-8006

 



ダウンロード
2022年2月19日:HPVワクチン訴訟名古屋支援ネット総会記念オンライン講演
220219 nagoya-shien.pdf
PDFファイル 365.1 KB

過去の記事はこちらから確認できます。