大阪訴訟


HPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会 LINE公式アカウントのご案内

HPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会は、この裁判を支援し、被害者の救済と薬害根絶のための諸活動を行っています。

LINE公式アカウントで情報発信していますので、下記QRコードもしくはこちらから是非友達登録してください!

HPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会 LINE公式アカウント QRコード

メールマガジンのご案内
大阪訴訟の次回期日の情報などをお伝えします。
登録ページはこちらになります。是非ご登録下さい。


新着記事(大阪関連)

大阪訴訟期日のオンライン報告集会を開催しました

 2021年3月11日、HPVワクチン薬害大阪訴訟の期日が開催されました。

 前回に引き続き、今回も新型コロナウイルスの影響により、公開法廷での口頭弁論期日ではなく、弁護士のみの手続となりました。 

 当日の午後6時より開かれたオンライン報告集会では、全国各地から50名以上のみなさまにご参加いただき、大盛況となりました。

 オンライン報告集会では、大阪弁護団から、国が現在も積極的勧奨を中止していることを十分に説明しないまま、新リーフレットの個別通知をするよう自治体に圧力をかけていることについて厚生労働大臣に抗議書を提出したことを説明しました。 

  さらに、 東京小児科医師会らの独自リーフレットについても、重大な誤りがあることを説明し、事実に基づく議論をするよう訴えました。

 2021年3月4日にNHKが放映した「おはよう日本」の特集「HPVワクチンはいま」において、NHKが被害者に取材しないまま一方的報道を行ったことに抗議し、面談を要請したことについて説明しました。

 支援者のみなさまからは、HPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会の代表世話人の山下正洋さん、MMRワクチン薬害訴訟等を支援してこられた全国薬害被害者団体連絡協議会の栗原敦さんたちから応援のメッセージをもらいました。

HPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会の代表世話人 山下正洋さん
HPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会の代表世話人 山下正洋さん

 名古屋原告の落合晴香さん、東京の匿名原告さん、九州原告の梅本さん、大阪原告19番さんからは、現在の症状と支援者のみなさまへの感謝の言葉が述べられました。

 症状は良かったり、悪かったりの日々が続いているとのことでしたが、ここ最近は特に良くないという原告さんが多くおられました。

 最後に、大阪弁護団共同代表の幸長裕美弁護士から、国がHPVワクチン接種による被害に蓋をして無かったことにしようとしていることはあってはらならないこと、被害を繰り返してはならないことを皆で訴えて本当の救済に繋げていきたいという話がありました。

幸長裕美 弁護士
幸長裕美 弁護士

 次回の大阪訴訟期日は2021年6月3日(木)です。報告会集会の開催方法については、大阪弁護団メールマガジンもしくはHPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会公式ラインの情報をチェックしていただき、ぜひ、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

 各地の訴訟に関しては、2021年4月19日(月)に九州訴訟期日が予定されています。こちらの報告集会もぜひご参加ください。

大阪訴訟期日のオンライン報告会を開催しました

 2020年12月10日、HPVワクチン薬害大阪訴訟の期日が開催されました。

 前回に引き続き、今回も新型コロナウイルスの影響により、公開法廷での口頭弁論期日ではなく、弁護士のみの手続となりました。

 

 当日の午後6時より開かれたオンライン報告集会では、全国各地の支援者のみなさまに加え、熊本大学法学部、昭和薬科大学、関西大学等から非常に多くの学生のみなさまにご参加いただき、総勢なんと110名以上が参加するという大盛況なものとなりました。

 オンライン報告集会では、大阪弁護団から、今年、裁判所に提出した多数の書面の中から3本書面をピックアップして、参加者のみなさまにパワーポイントを使った解説を行いました。

 

①HPVワクチンの接種率の高いオーストラリアやイギリスにおいて、子宮頸がんの発生率は減少しておらず、むしろ増加していることについて述べた書面

 

②患者の実態から見ても因果関係が肯定されることを述べた書面

 

③副反応報告症例からも因果関係が認められることについて述べた書面

 また、全国弁護団の共同代表の水口弁護士から、厚労省のHPVワクチンのリーフレットの改訂によって、国がHPVワクチンの積極的接種勧奨を今も中止していることが読み取れず、事実を覆い隠すような事態となっている問題について説明しました。

 また、「勧奨中止で死亡4000人増」との報道があった問題について、報道の元となった大阪大学の研究の推計値が非現実的な仮定に基づいて出された数字であって、減少するはずのものが減少しない=増加だという論法であることについて解説を行いました。

 この問題については、薬害オンブズパースン会議のブログで詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

 

 その後、各地の支援者のみなさまからメッセージをいただきました。

 今回の集会には、沼津市議会議員の山下ふみこ議員にもご参加いただいており、力強い応援メッセージを述べていただきました。

 

 また、参加していただいた非常に多くの学生のみなさまを代表して熊本大学の2名の学生の方から応援の言葉をいただきました。

 

 最後に、原告本人からも支援者のみなさまにメッセージがあり、北海道在住の東京原告の宮森未琴さん、九州原告10番さん、大阪原告19番さん、大阪原告22番さんから、今も辛い症状が続いていることと、非常に多くの支援者のみなさまが集会に参加してくださったことへのお礼の言葉が述べられました。

 

 次回の大阪訴訟期日は2021年3月11日です。この日も今回同様のオンライン報告会集会を開催予定ですので、大阪弁護団メールマガジンもしくはHPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会からの公式ラインの情報をチェックしていただき、是非、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

大阪訴訟2020年12月10日(木)裁判期日のご案内

 

 いつもHPVワクチン薬害訴訟をご支援いただきありがとうございます。

 

 20201210()、大阪訴訟の裁判期日が予定されています。

 

 今回も新型コロナウイルスの影響により、公開法廷での口頭弁論期日ではなく、弁護士のみの手続となりました。

 

 そこで、前回期日と同様、以下の日時で、オンライン報告集会を開催します。

  • 開催日時: 2020(令和2)1210()18:00-19:00

 

  • オンライン(Zoom)にて開催

 

  • 事前申込制

 

 参加を希望される方は、ぜひ下記の大阪弁護団メールマガジンもしくはHPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会の公式LINEにアクセスをお願いします。

 

 

 

 次回の裁判期日は、2021年(令和3年)311日を予定しています。

 次回期日の実施方法等につきましては、弁護団とHPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会からの情報をチェックしていただき、是非、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

 

大阪訴訟の弁論準備期日とオンライン集会が開催されました

 2020年9月10日、HPVワクチン薬害大阪訴訟の弁論準備期日が開催されました。
 九州、名古屋に引き続き、大阪でも大法廷で口頭弁論を行うことはできず、オンラインで代理人と裁判所のみが参加するという弁論準備手続になりました。

 当日の午後6時より開かれたオンライン報告集会では、全国各地から総勢50名以上が参加するという大盛況なものとなりました。
 オンライン報告集会では、弁護団から、今回の期日までに原告が提出した準備書面の説明と、9価HPVワクチン「シルガード9」の問題、厚労省によるHPVワクチンのリーフレット改訂問題について解説を行いました。

 その後、北は北海道から南は九州まで全国から多くの支援者の方が集まる中、代表して8名の支援者の方々から熱い応援メッセージをいただきました。

 また、九州訴訟の原告9番さんからもメッセージがあり、コロナ禍で十分な治療が受けられず、ベッドから起き上がれない生活の中、こうしたオンライン集会で支援者のみなさんと触れ合えることで勇気を貰えるという話がありました。

 その後、大阪原告2番さん、14番さん、19番さん、22番さんからメッセージがあり、仕事や学校生活の中で、体調の良いときと悪いときとが繰り返されることの苦労や、オンライン集会で多くの支援者の方々が集まったことへの感謝の言葉が述べられました。

 オンライン集会の後半では、関西大学社会学部の里見ゼミの学生のみなさんが作成したドキュメンタリー番組のオンライン上映会が行われました。今回のドキュメンタリー番組は、大阪弁護団の新入団員である北本弁護士、脇山弁護士、佐久間弁護士の活動に密着取材していただいたものです。

 番組では、3名の新入団員弁護士が、HPVワクチン薬害被害者が受けている苦しみを裁判で認めてもらうため、苦労しながらも熱い思いをもって活動する様子が描かれました。
 関西大学里見ゼミでは、同ゼミが作成するHPVワクチン薬害ドキュメンタリーとしては今年で3本目となる番組を作成中ですが、担当の学生さんたちもオンライン集会に参加し、作成中の番組について報告してくれました。

 九州名古屋でのオンライン集会も大盛況でしたが、今回の大阪のオンライン集会にも、全国から大勢の方々に参加していただき、、非常に充実したオンライン報告集会を開催することができました。

 次回の大阪訴訟期日は、2020年12月10日です。次回期日の傍聴や集会がどのように実施・開催できるのか、まだ不確定ですが、次回も今回同様のオンライン報告会集会となる可能性があります。次回期日の法廷傍聴や集会の実施方法等につきましては、弁護団とHPVワクチン薬害大阪訴訟を支える会からの情報をチェックしていただき、是非、ご参加いただけますようお願い申し上げます。


過去の記事はこちらから確認できます。