東京訴訟


ご案内

●東京訴訟支援ネットワークのご案内

HPVワクチン東京訴訟支援ネットワークのサイトは、こちらからご覧下さい。

●東京訴訟メールマガジン登録のご案内

メールマガジン登録申し込みはこちらからどうぞ。


新着記事

東京訴訟期日のオンライン報告集会を開催しました

 2022年5月13日18時から、東京訴訟期日の報告集会がオンラインで開催されました。

 

 当日に提出された準備書面の中から、東京弁護団の小池純一弁護士が、HPVワクチンの積極的な勧奨の再開に関する問題点に関する部分を解説しました。

 

 国はHPVワクチンについて2013年に積極的勧奨を中止する通知を出していましたが、2021年に至って方針を変更しました。

 過去には、日本脳炎ワクチンについて積極的な勧奨が中止された後、新たなワクチンが承認されたことを受けて積極的勧奨が再開されたことありました。その際に、国は「積極的な勧奨を行うこととされたい」という明確な趣旨の通知を発していました。

 



 しかし今回、国は、HPVワクチンの接種を再度押し進めようとするにあたって、「接種を個別に勧奨することが考えられる」というあいまいな内容で、地方自治体に「技術的な助言」を行ったに過ぎません。

 しかも、国は自治体に対して「相談支援体制・医療体制等が十分整備される前にヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種が性急に行われることがないように,市町村と必要な情報共有等を行うこと」と言う内容の前提条件まで付けているのです。

 



 日本脳炎ワクチンの扱いと比較すれば、HPVワクチンに対する国の対応は極めて異例のものであることは明らかで、HPVワクチンについて高い有効性や安全性が確認されておらず、かつての緊急促進事業や定期接種化の違法をむしろ裏付けるものとなっています。

 小池弁護士からは、各自治体が前のめりでHPVワクチンの積極的勧奨を進めようとしているが、前提条件が実際に確保されているかどうか、監視する必要があることを指摘しました。

 



 全国弁護団共同代表の水口真寿美弁護士からは、国会における薬機法改正の審議において、宮本徹議員、阿部知子議員、川田龍平議員、倉林明子議員らよりHPVワクチンの副反応に関する質問がなされたことを報告しました。

 各議員の質問では、①免疫介在性の病態であることを前提として治療法の研究開発や治療体制を整備する必要があること、②救済制度では後遺症認定を受けた被害者が副反応検討部会では軽症扱いされているという問題があること、③救済制度における後遺症認定頻度が他ワクチンより高いことから危険性が示されていることを安全対策に生かす必要があること等が指摘されています。

 こうした質問によって、国会においてもHPVワクチンに関する政策課題についての理解を深めることができたことは、大きな成果であったと考えています。


 こうした弁護団からの報告続いて、東京原告5番さんが、集まった大勢の支援者のみなさんに、近況やこの裁判に対する思いを説明しました。

 HPVワクチンを接種する前は健康で、バレーボールなどのスポーツに取り組んでいた東京5番さんは、中学2年生の時にHPVワクチンの3回目の接種を受けた後から、急激な全身の痛みや脱力感、倦怠感といった症状に見舞われるようになりました。

 ガンマグロブリンによる治療で一時的に症状は改善はしたものの、頭痛や全身の痛み、感覚過敏といった症状が再び現れ、苦しい高校生活を過ごしました。現在までに副反応症状が出始めてからすでに約10年が経過していますが。現在でも脱力や疲れやすいといった症状があり、就労も在宅ワークという形をとっています。

 東京5番さんは、国に対して、とにかく治療法を見つけてほしいと願っていることを、支援者のみなさんに伝えました。また経済的な支援も必要となっており、現在の支援制度では障がい者手帳の給付やPMDAの申請の手続きがとても複雑で、被害者にとってそのこと自体も大きな負担になっているという実情を、ご自身の経験を交えて説明しました。

 東京5番さんからは、多くの方からのサポートによってこの裁判を続けることができていることへの感謝の気持ちを伝えて、引き続きの支援を要請しました。

 東京訴訟の報告集会では、毎回「私が支援をする理由」と題して、支援者の方に、この裁判を支えようとする思いを語っていただいています。

 今回は、薬害肝炎東京訴訟の原告であった浅倉美津子さん(薬害肝炎全国原告団代表)から、ご自身が裁判を闘った経験も交えて、お話をいただきました。

 提訴当時の浅倉さんは、匿名原告として名前を伏せて裁判に参加していましたが、匿名での活動に歯がゆさを感じ、一審判決の言い渡しを前に、名前を出して活動することを決意し、その後の和解成立に至る様々な場面で、ご自身のお気持ちを多くの人に伝えてきました。和解後も現在に至るまで、薬害再発防止やC型肝炎の恒久的な治療体制の確立を目指して、同様の被害者の方と手を携えて活動を続けています。

 浅倉さんは、ご自身の裁判で発言したときのことも思い返しながら、HPVワクチン薬害訴訟で若い原告さんたちが法廷意見陳述を堂々と行う姿を見て、心が打たれる思いがしたということをご紹介下さいました。そしてHPVワクチン薬害の問題が解決するまで命を懸けて応援をしていく、体に気を付けて頑張りましょう、との心強い応援のメッセージをいただきました。

 
 HPVワクチン東京訴訟支援ネットワーク代表の隈本邦彦さんから、リーフレット「HPVワクチンの ほんとうのこと」は初回印刷分はほとんど配布済みで増刷予定であることの報告がありました。
 また、ドキュメンタリー映画監督である澤則夫さんから、「私たちの声を聞いてください子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)被害者は訴える」のDVDが完成し、上映会を実施していることの報告がありました。

 今回の集会には、72人の方々から参加いただきました。お忙しい中、この訴訟の原告さんを励ましていただいたことに、心から感謝いたします。

 今後の各地の裁判の予定は次のとおりです。

  2022年 6月2日 大阪訴訟期日 及び 報告集会(オンライン)
  2022年 6月6日 名古屋訴訟期日 及び 報告集会(オンライン)
  2022年 7月11日 九州訴訟期日 及び 報告集会(開催方法未定)
  2022年 9月13日 東京訴訟期日 及び 報告集会(開催方法未定)

 各地の報告集会でもまたお目に掛かることができることを楽しみにしています。

 どうか引き続きご支援下さい。

 

東京訴訟期日のオンライン報告集会を開催しました

 2022年2月14日18時から、東京訴訟期日の報告集会がオンラインで開催されました。

 

 まず、東京弁護団代表の水口真寿美弁護士から、本日の期日でなされた手続きの解説や、訴訟の進行状況についての説明がなされました。

 

 また、東京弁護団の和田壮一郎弁護士から、この間弁護団で行った運動として、HPVワクチンの積極的勧奨再開の決定に対して、地方自治体に対する要請を行ったこと、および政党ヒアリングを実施したこと、の説明がありました。

 

 https://www.hpv-yakugai.net/2022/01/25/seito-hearing/

 https://www.hpv-yakugai.net/20220111jititai/

 

 次に、東京原告62番さんから、近況の報告がありました。原告62番さんは、13歳の時にHPVワクチンを接種しました。もともとはスポーツやピアノといった活動を活発にしていましたが、頭がぼわぼわする、学習障害、高次脳機能障害や歩行困難といった症状が現れ、生活が一変しまいました。医学部進学を目指していましたが、副反応症状のために高校を続けることさえでなくなり、現在も症状に苦しんでいます。原告62番さんからは、積極的勧奨再開によって同じような被害が拡大することを憂慮している、ワクチンを接種する際には、適切な説明をしてほしいこと、仮に副反応が生じた場合は、これに対する適切な治療ができる体制を構築してほしい、と切実な訴えがありました。

 

 そして、「私が支援をする理由」と題し、HPVワクチン東京訴訟支援ネットワークの糸山敏和さんから発表がありました。糸山さんは、クロロキン網膜症に関する映画作成に携わったことがきっかけで、薬害の問題にかかわるようになりました。現在は労働組合で働いていますが、労働組合内に、HPVワクチンの問題が十分に把握されていないという問題意識を持っています。そして、健康な人が健康でいられるのは、薬害被害者の過去の活動があってこそのものだ、という意識から、薬害被害者と連帯していくことが重要である、という決意の表明がなされました。

 

 さらに、HPVワクチン東京訴訟支援ネットワーク代表の隈本邦彦さんから、積極的勧奨再開に対する活動として、1月28日に議員向けの勉強会を行ったことや、新たなパンフレットを作成中である、といった活動の紹介がなされました。同ネットワークのメンバーである木村喜代子さんからは、地元自治体である千代田区の区議会に対して陳情を行ったこと、陳情の審議の中で、千代田区は副反応被害が起きた際の救済として看護師の採用を予定されているとしながら、実際にはまだ採用されていないという問題が明らかなったこと、千代田区で引き続き活動を続けていく、との報告がなされました(東京弁護団服部功志弁護士による代読)。

 

 各地の活動として、名古屋弁護団の堀康司弁護士からは、2022年2月19日14時30分から、HPVワクチン訴訟名古屋支援ネット総会記念講演会がオンラインで開催されること、2022年3月3日に名古屋訴訟期日とオンラインでの期日報告集会が予定されていること、九州弁護団の富永悠太弁護士から、2022年3月27日に『薬害エイズ 和解の日に〜HPVワクチン薬害訴訟 大分から支援の風を〜』を開催すること、北海道浅川身奈栄さんからは、2022年3月5日に薬害オンブズパースン・タイアップ札幌の23周年記念講演会(15:30〜17:00講演、講師:鈴木利廣弁護士(薬害オンブズパースン会議代表)「医薬基本法構想と医薬品民間監視の役割」)のお知らせがなされました。 

 

 最後に全国弁護団共同代表の山西美明弁護士から、最近、10年前の積極的勧奨開始の時と同様に子宮頸がんに関する広告が目立つようになっている、製薬企業の強引なやり方に負けないように頑張りましょう、とメッセージがあり、集会は閉会となりました。

 

 今後とも、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

 

今後の予定:名古屋 2022年2月19日(土)14:30〜17:00

      HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワーク総会記念講演会

      HPVワクチン、これでも打ちますか?打たせますか?

      https://www.hpv-yakugai.net/2022/02/01/nagoya-shien/

       

名古屋 2022年3月3日(木)14:00〜 名古屋期日 名古屋  

              18:00〜 報告集会

北海道 2022年3月5日(土)15:00〜 薬害オンブズパースン・タイアップ札幌 

                  23周年記念講演会 総会、講演会

        

九州  2022年3月27日(日)14:00〜

『薬害エイズ 和解の日に 〜HPVワクチン薬害訴訟 大分から支援の風を〜』

エイズと人権を考える会 / HIV薬害訴訟を支える会・大分 / 薬害肝炎訴訟を支える会・大分 / HPVワクチン薬害訴訟を支える会・大分

  

   大阪期日 2022年3月10日(木)

   東京期日 2022年5月13日(金)

東京訴訟期日のオンライン報告集会を開催しました

 2021年11月15日18時から、東京訴訟期日の報告集会がオンラインで開催されました。

 まず、東京弁護団事務局長の関口正人弁護士から、本日の期日でなされた手続きの解説や、訴訟の進行状況についての説明がなされました。

 

 次に、東京弁護団代表の水口真寿美弁護士から、厚生労働省の副反応検討部会がHPVワクチンの積極的勧奨の再開を妥当であるとする結論をとりまとめたことについての報告がなされ、同検討部会の委員は副反応被害の深刻さを十分に理解していない、「寄り添う支援」が実際には機能していない、治療法の研究開発が本来は重要であるはずである、といった指摘がなされました。 

 

 また、この問題に関して、東京原告さんの11月12日になされた会見の様子や寄せてくれたのビデオメッセージが改めて発表されました。  

 

望月千鶴さん
望月千鶴さん

  次に、東京原告である望月瑠菜さんの母親である望月千鶴さんから、11月12日の記者会見の際、山梨日々新聞の取材を受け、被害者の思いを伝えるための記事が掲載された、との報告がなされました。

 

HPVワクチン東京訴訟支援ネットワーク 李智香さん
HPVワクチン東京訴訟支援ネットワーク 李智香さん

  そして、「私が支援をする理由」と題し、HPVワクチン東京訴訟支援ネットワークの李智香さんから発表がありました。李さんは、在日コリアンというルーツを持っていて、それが原因で嫌な思いをしたことがあったものの、家族や周囲に話したことはありませんでした。その後、弁護士に自身の経験を初めて話したことがきっかけで、声を発する側に立ちたい、という思いを持つようになりました。このことがきっかけで、薬害肝炎訴訟の学生支援の活動をし、現在に至ります。HPV薬害訴訟の原告は、顔を出せないなど、声を出すことに制限を抱えている方も多いですが、李さんはそのような原告の声となって活動したい、そのような思いから、支援の活動に携わっています。

 

 さらに、HPVワクチン東京訴訟支援ネットワーク代表の隈本邦彦さんから、支援ネットワークでは10月1日や11月12日に厚生労働省前で抗議活動を行ったことや、『子宮頸がんワクチン問題 社会・法・科学』出版記念勉強会を開催すること、といった活動の紹介がなされました。

 

 最後に東京弁護団代表の水口真寿美弁護士から、HPVワクチンの積極的接種勧奨の流れができてしまったが、ピンチはチャンスに変えることができる、このような時こそ、被害者の声を届けることが重要である、というメッセージがあり、集会は閉会となりました。 

  

 集会には、合計54人の参加がありました。今後とも、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

東京訴訟期日のオンライン報告集会を開催しました

 2021年8月30日18時から、東京訴訟期日の報告集会がオンラインで開催されました。

 

 

 東京弁護団事務局長の関口正人弁護士から、本日の期日に原告から2本の総論準備書面及び原告の個別準備書面を提出したこと、総論については当事者の主張が出尽くしている段階であることそして準備書面の内容等の報告がなされました。 

 

 東京弁護団代表の水口真寿美弁護士から、情勢として、厚生労働省によるリーフレット改訂問題、大分の支援ネットワークによる独自調査、NHK「おはよう日本」の特集への抗議を行ったこと、薬害根絶デー(8月24日)といった活動が報告されました。また、HPVワクチンをめぐる問題点を多角的に捉えた書籍『子宮頸がんワクチン問題 社会・法・科学』(原題「HPV Vaccine On Trial」)の日本語版が出版されたことが紹介されました。

 

 東京原告56番さんから、被害等について、お話いただきました。

 原告56番さんは、強い疲労や高次脳機能障害のいった副反応の症状に苦しんでいます。強い疲労感のために、家事や趣味のお菓子作りが難しくなり、「頭に靄がかかり、自分がガラスケースの中にいる」といった感覚の脳の症状から、家族との会話がうまくいかない場面もあります。副反応被害を周りの友人らへ話すことも気を遣わなければなりません。

 一方、この出来事がきっかけで、社会や自分を見直すきっかけになったり、薬に慎重に向き合うようになったり、多くの人との出会いを生むこともありました。このこと前向きにとらえ、これからも被害を周りに伝えていきたいとお話しされました。

 

 今回の報告会では、支援者のみなさまから支援に関わるようになったきかっけなどのお話もいただきました。

 

 大川宝作さんは、2019年11月から支援活動にかかわりました。支援にかかわった理由は、娘さんのHPVワクチン接種を止められなかったこと、自身がステロイド治療で苦しんだこと、ご両親が終末期の過剰医療に苦しめられたこと、そして難民高等弁務官事務所職員という前職の経験等、長年社会的な活動にかかわっていたことの4つです。大川さんは薬害を副反応被害者だけの被害ととらえず、社会全体の問題ととらえることも必要だと訴えました。

 

 橋本弘紀さんは、奥様を子宮頸がんで亡くされたという悲しい過去があります。診療放射線技師として仕事をしており、改めてワクチンについて考える中で、HPVワクチンの有効性などに疑問を感じるようになり、支援の活動にかかわるようになりました。支援の活動の初めは自信がない時もありましたが、被害者のご家族からのお声掛けも支えになったそうです。橋本さんは弱者を切り捨ててはいけないと画面上から訴えました。

 

 そして、東京支援ネットの江川守利さんから、10月には東京支援ネットの総会を開き、兵庫県多可町の元町長の戸田善規氏の講演を予定している、といった案内がなされました。

 

 最後に、水口真寿美弁護士から、被害者として、被害を語ること、支援者としてかかわること、それぞれのストーリーを描くことが重要であることを参加されたみなさまに語りかけて報告集会は閉会となりました。

 

 集会には最大60人の参加がありました。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

今後の活動:

10月18日 九州期日

10月24日 薬害根絶フォーラム・オンライン集会(薬被連)

11月15日 東京訴訟期日

12月9日 大阪期日

提訴から5年を経た私たちの今ー東京原告5番

 HPVワクチンの接種によって深刻な副反応被害を受けた被害者が、2016年7月27日に国と製薬会社に対して全国4地裁で一斉に損害賠償請求訴訟を提訴してから、すでに5年が経過をしました。その後の追加提訴を経て、現在、全国4地裁で戦っている原告は120名を超えています。

 

 このように提訴から5年を経過した現在もなお、多くの原告が重篤な副反応症状に苦しんでいます。

 そんな実情をお知らせするため、各地の原告の現在の声を4回に分けて順にご紹介していきます。

 

 第1回となる今回は、東京原告5番さんの現在の気持ちをお知らせします。


【東京原告5番】

 

 中学1年生から2年生の間にサーバリックスを3回接種しました。

 現在23歳で自宅療養しながら在宅でできる仕事をしています。

 発症してから9年が経ちましたが、今も倦怠感や疲れやすさが強く残っています。

 

 これらの影響で1日に活動できる時間は非常に制限されていて、通常の就労も難しいので、できる仕事の選択肢も非常に少ない状況です。

 

 今一番不安に思うことは、ワクチンの副反応に対する世間の変化です。

 まるでもう被害がないようなそんな報道を見ると、私たちが今も苦しんでいる現実がなかったことのようにされているという風に感じます。

 

 コロナ禍においてワクチンというものが注目される中でも、私たちは副反応という現実に毎日向き合っています。

 この私たちの声が埋もれることなく、一刻も早く治療法の研究に繋がることを願います。

 


 次回(8月5日)は名古屋原告の声を紹介します。

 

 HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団は、こうした被害者の声を、Twitter(@Hpvlawyer)やYoutubeでも継続的に発信しています。


過去の記事はこちらから確認できます。