Q35 被害者の方を支援する方法はありますか?

 弁護団は、実際に裁判を見学(傍聴)していただき、原告本人やその家族の意見陳述を聞いていただくことにより、一人でも多くの方々に副反応の症状で苦しむ被害者のことを知っていただくことが、何よりの支えになると考えています。ぜひ一度、裁判所に足をお運びください。

 また、裁判の見学(傍聴)以外にも様々な支援の催しを開催しております。各地の弁護団毎に支援の団体もありますので、詳しくは各地の弁護団事務局にご確認下さい。