Q1 HPVワクチン薬害訴訟とは何ですか?

 子宮頸がんを予防する目的で開発されたHPV ワクチン(「子宮頸がんワクチン」)の副反応の被害者が、国と製薬企業2社に対し、損害賠償を求めている裁判です。

 2016(平成28)年7月に全国4都市(東京・名古屋・大阪・福岡)の各地方裁判所に提訴し、現在、120名を超える原告が裁判を行っています。

 原告は、HPVワクチンによって深刻な被害を受けた10代、20代の女性です。HPVワクチン接種の主な対象者が小学校6年生から高校1年生の少女たちでしたので原告の年代が10〜20代になっています。

 被告は、国、HPVワクチンである「サーバリックス」を製造販売しているグラクソ・スミスクライン社と「ガーダシル」を製造販売しているMSD社です。