Q2 HPVワクチンの副反応症状はどのようなものなのですか。

 

HPVワクチンの副反応症状は、全身に及ぶ多様なものです。

ハンマーで殴られたような激しい頭痛、関節痛、しびれ、不随意運動、歩行失調、脱力、睡眠障害、光過敏、視野欠損、嗅覚や味覚の障害、全身倦怠、無月経、学習障害や記憶障害などの症状が、一人に複数現れます。そして、時の経過とともに変化したり重層化したりすることが特徴です。

車椅子が必要となった、視野が欠損した、簡単な九九もできず、母親の顔さえ分からなくなったなどの症状に苦しむ被害者が出ているのです。

 治療法は確立しておらず、進路の変更を余儀なくされ、将来の見通しが立たない被害者が今も多くいるのです。詳しくは、各地の裁判において行われている被害者の方の意見陳述をご覧ください。