Q3 HPV薬害訴訟の目的は何ですか?

この裁判の大きな目的は、国と企業の責任を明らかにして、損害賠償はもとより、被害者が健康を回復し、将来にわたって安心して生きていけるようにすること(恒久対策)や、なぜこのような被害が生じたかを明らかにし、再発を防ぐための対策をたてることです。

恒久対策には、治療法の研究促進、治療体制の整備、被害者の教育や就労の支援、HPVワクチン副反応被害についての無理解・偏見の解消と国民に対する適切な情報提供などが含まれます。