Q4 どうして裁判をすることになったのですか?

被害者らは、2013(平成25)年3月、「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」を結成し、被害救済を求めてさまざまな活動をし、2015(平成27)年3月には、国及び製薬企業2社に対し全面解決要求書を提出しました。 

しかし、国と製薬企業もHPVワクチンによって被接種者に生じている深刻な副反応被害の発生に対する責任を認めて真摯に対策をとることをせず、むしろ製薬企業は国に対し、積極的勧奨再開の働きかけを行っていましたので、2016(平成28)年7月、やむを得ず、訴訟を提起することになったのです。