Q21 ワクチンを接種すると免疫系の異常を起こすことがあるのですか?

 「自己」と「非自己(異物)」を識別し、「異物」を処理するのが、免疫システムですが、自己の産生した抗体が「自己」を抗原として反応することもあります。この現象を「自己免疫現象」と呼びます。免疫システムに異常を来たすと、病的なものとなり、自己免疫疾患となります。

 細菌感染、ウイルス感染、ワクチン接種の後などに、自己免疫疾患を発症することが知られています。